看護部

ホーム > 看護部 > 中野こども病院看護師能力開発プログラム

中野こども病院看護師能力開発プログラム

臨床看護実践能力段階表

現任教育

新人看護職員研修

目的

教育プログラムに基づいた卒後臨床研修を行うことにより、新卒看護職員が、安心で安全な看護ケアを提供するための臨床実践能力を修得する

目標

  1. 中野こども病院の理念と概況を理解する
  2. 看護部の理念、組織を理解し、職員としての自覚をもつことができる
  3. 子どものケアに必要な基本的知識・技術・態度を理解し、指導のもとに実践できる
  4. 患者の安全管理について理解する

新人看護職員研修責任者 教育担当看護師長 池田弘己

教育担当師長として、「看護師が仕事に誇りをもってイキイキ笑顔で働く職場創り」というビジョンを持ち、新入職看護職員研修をはじめ、経験年数に応じた研修を現場と連携を図りながら企画・運営を行っています。共に育つ職場風土でキャリア支援を行います。

 

 

 

1年で習得する看護技術

平成22年度から新人看護職員研修ガイドラインに基づき、小児急性期専門病院としての特徴を踏まえ研修計画を立案・実施し、毎年評価・修正を繰り返し4年目を迎えています。 168項目の到達目標の中、118項目の看護技術を習得します。

集合教育

4月に計9日間の入職時研修と1か月、3か月、6か月、9か月、1年後研修を計画

指導・サポート体制

1対1のプリセプター制 実地指導者 そして看護チームでの指導とサポート制を活用

 

OJT年間スケジュール(表)

経年別・コース別研修(キャリア開発)

卒後2年目研修
テーマ別研修

プリセプター研修、小児救急看護、リーダー研修、呼吸理学療法研修、看護研究セミナー(院外講師)

院外研修への参加、充実しています

大阪府看護協会主催の研修をはじめ各種研修や学会参加等、病院のサポートにより積極的に実施しています。

 

廣田香織 「実習指導者講習会を終えて」

当院は小児実習病院として多くの学生がきます。看護教育に携わる機会が増え、看護師育成に必要な知識や技術を習得したいと考えるようになり受講を希望しました。教育に必要な知識、自らの学生時代や看護観を振り返る良い機会となりました。実習生が楽しく小児看護を学べるように、チーム一丸となって一緒に頑張っています。

(平成30年9月~11月 大阪府保健師助産師看護師実習指導者講習会受講)

 

看護学生の臨地実習施設

平成30年度 看護大学、看護専門学校、保育大学など13校の臨地実習を受け入れています。実習指導体制として、4日~8日間の短い実習期間で効果的な学びができるよう支援しています。実習指導者講習会修了者14名 各病棟に5名配置

実習を受けている学校一覧